資格を得てから就職しよう

不動産投資の方法を教えよう

余っている不動産を活かす

資格を得る時に、不動産投資に関係する内容も勉強します。
たくさんの知識を持っていれば、お客さんにアドバイスをすることもできるでしょう。
資産を増やしたくても、初心者は1人で実践するのが怖いと思います。
詳しい知識を持っているフィナンシャルプランナーが一緒なら、投資に踏み切れるかもしれません。

どんな不動産が、投資に向いているのか伝えてください。
必要であれば、リノベーションすることを勧めましょう。
見た目が汚い不動産は、入居者が集まりにくいです。
ただアイデアを押し付けるのではなく、このような理由があるからリノベーションをした方が良いと具体的に述べてください。
するとお客さんも、すぐに納得してくれると思います。

宣伝することも欠かせない

不動産投資をする際は、宣伝することが重要です。
ここに良い賃貸があるとこちらから伝えなければ、誰も気づいてくれません。
お客さんが不動産投資を成功できるようにⅯ宣伝方法もアドバイスをしてください。
不動産投資が失敗すれば、お客さんは大きな損失を受けてしまいます。
そんなことになったら、アドバイスをした自分の責任になります。

絶対に失敗しないよう、自分のことのように考えてアドバイスをしてくださ。
アドバイスを受けたお客さんが、不動産投資を成功させてたくさんの利益を得られたら、噂が広まって人気になると思います。
もっといろんな人から、相談を受けるようになるでしょう。
そのために、不動産投資に関する知識を養ってください。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ